NumLockキーを殺してBackSpaceキーに転生させる

※この記事はネタのため暴力的な単語を使用しています。

現在使用しているノートPCはNumLockボタンがBackSpaceキーの横にある。

この配置のせいで

毎回BackSpaceキーと押し間違えてNumLockキーOFFになる。

 

そうなるとテンキーが

0:insert 文字を上書きしてしまう
1:end 文末に飛んでしまう
3:pageOn 1スクロール分、上に移動してしまう
7:home 文頭に飛んでしまう
9:pageUp 1スクロール分、下に移動してしまう

よくこいつらのスキルが発動して大変なことになる。

 

最初の頃は我慢していたが、注意していても長く使えば使うほど何度も何度も押し間違えてしまう。
誰だよこんな配置にしたヤツ

さすがにブチ切れたのでNumLockキーを殺すことにした。

 

いや、ただ殺すだけでは物足りねぇ!

もぬけの殻の死体がいつまでもそこに存在するんじゃねぇ!!

 

お前なんか押され間違い続けたBackSpaceキーに生まれ変わらせてやる!!

 

 

参考:NumLockキーを常にオンにする方法

 

①NumLock状態にしておく

②レジストリエディタを起動

③以下を開く

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Keyboard Layout

④新規>バイナリ値

⑤名前を:Scancode Map

⑥この状態にする。(解説については参考サイトへ)


(ゼロや数値を入力すると自動的に間隔が空いたり・などが表示される)

⑦再起動!!

 

これでNumLockを殺してBackSpaceキーに転生させることが出来た。

 

 

南無Lockキー

 

 

こうしてキーボードの世界に平和が訪れ

みんな幸せに暮らしましたとさ。

 

おしまい。

関連記事




コメントを残す

※コメントは承認後に表示されます。
 コメントを公開されたくない場合、名前の後に「:非公開」とつけてください。