UnityでQRコードを表示する

画像ファイルをアップロードして

アップしたURLをQRコードにして表示する仕組みが作りたいので

まずはQRコードを表示する仕組みを勉強します。

 

 

unityの記事書くのに毎回使用バージョンを書き忘れる・・・

今回は2018.4.3f1です。

 

参考:https://negipoyoc.com/blog/making-qrcode-with-unity/

 

◆使用するもの

Zxingというものが色んな言語やプラットフォームに対応してて良いらしい。

https://github.com/micjahn/ZXing.Net

 

◆作り方

Zxingを取得

ReleasesページでZXing.Net.0.16.4.0.zipをダウンロード(2019/09時点でVer 0.16.4.0)

 

解凍したフォルダからunityフォルダを見つける

 

その中のzxing.unity.dllをコピー

Unity内の Assetsフォルダ内にPluginsという名前のフォルダを作成して、この中に入れる

 

2D Object>Spriteオブジェクトを配置

(名前をQRcodeSpriteとしました)

 

スクリプトを作成

ちなみにサンプルスクリプトは先ほどのReleasesページから

ZXing.Net.Source.0.16.4.0.zipをDLして(ウイルス対策ソフトにひっかかるかも?)

フォルダを解凍して

ZXing.Net.Source.0.16.4.0\Base\Clients\UnityDemo\Assets内のBarcodeCam.csを参考にする。

 

このスクリプトをSpriteオブジェクトに張り付けて実行するとQRコードが表示される。

 

意外と簡単だったし、今後作るアプリに組み込めるので良い!!

 

次はWEBカメラの映像を自動で保存するやつ勉強する。

関連記事




コメントを残す

※コメントは承認後に表示されます。
 コメントを公開されたくない場合、名前の後に「:非公開」とつけてください。